おすすめゼミ 転職 薬剤師【公式最高】べスト3

おすすめゼミ 転職 薬剤師【公式最高】べスト3まとめ

【最新】ゼミおすすめ 求人 薬剤師

【最新】ゼミおすすめ 求人 薬剤師

ゼミおすすめ 求人 薬剤師

ゼミおすすめ 求人 薬剤師の最新版です。薬剤師の転職活動で失敗しないための薬剤師求人サイトの選び方は重要です。薬剤師転職ドットコムやリクナビ薬剤師、ファルマスタッフなど高収入、残業なし、土日休みなど好条件の求人数が多い大手の転職サイトのまとめ。

▶▶ 薬剤師転職信頼ランキング【究極版】

■薬剤師の仕事

薬科大を卒業して、国家試験に合格し、やっと手にできる薬剤師免許、さてその活用方法はどんな感じなんでしょうか。
一番一般的なのが、薬屋さんに就職することでしょう。お医者さんが書いた処方せんに基づき、患者さんの薬を調整する、薬の飲み合わせなどを指導するといった仕事です。
では、病院の薬局は何が違うんでしょうか。薬を調整するのは同じなんですが、薬屋にはない注射液や点滴の調整、臨床検査などもするようです。病院は患者さんとの距離が近いので、薬物治療モニタリングも行うようですね。薬局はサプリメントの適度な使用方法を教えるそうですが、病院では栄養剤の使用法について教えるそうです。病院では、市販されていない薬にまつわる仕事が多そうです。
サプリメントや栄養剤が絡むということは、食品会社や製薬会社の研究部署に薬剤師がいることを意味します。成分や副作用があるかないかに限らず、現代人に合った商品を日夜開発しています。
確認していませんが、薬は飲む薬だけではなく、劇物を扱う薬剤師がいるのではないかと思います。
たとえば殺虫剤や蚊取り線香など、医薬品でないにしろ、化学の知識がないといけない訳で、殺虫剤など神経系の化合物を調合する部署には薬剤師がいるのではないでしょうか。
消毒液や解毒剤を扱う会社にも薬剤師のポストがありそうです。
公務員はどうでしょうか。各都道府県に技術職がいます。もちろん中央官庁や外郭団体にもいます。これらの機関は病院を持っていますし、県や国として必ず薬や薬の取り扱いを担当するポストがあるはずです。
厚生労働省は別格でしょう。薬にまつわる仕事、法律を運用、立案だってします。薬剤師の免許をお持ちの方はたくさんいるはずです。また、麻薬のような非合法薬を取り締まる警察機関があります。財務省の入国管理局などや、検疫を行う部署も薬剤師が必要です。
また、働きかたが特殊ですが、各県警や警視庁、自衛隊などにも薬剤師のポストがあります。警察病院や自衛隊の地区病院などもありますが、負傷者や犯罪者、敵と関わってくるので、仕事内容もかなり特殊でしょう。南極観測船にも薬剤師が乗組しているはずです。
勤務先を工夫すれば、意外な求人がみつかるかもしれません。

(【最新】ゼミおすすめ 求人 薬剤師)

-ゼミおすすめ 求人 薬剤師
-